So-net無料ブログ作成

ヨシゾーさんリコメンド! 「魂の名演」 ジェネシス① [魂の名演]

みなさま、こんばんは![夜]

今日は 「プログレッシブ・ロック」 の世界にご案内しちゃいますよ~[パスワード][るんるん]
早速例によって動画をお楽しみください。  どうぞ!!

後程、またお会いしましょうね~!![わーい(嬉しい顔)]

 




お疲れ様でした~[わーい(嬉しい顔)][いい気分(温泉)]

いかがでした? 
長かったですか?[ふらふら]

この「長さ」がいわゆる「プログレ」の特徴なんですね。

でも、、筋金入りのプログレファンの方に言わせると、
この時期(1987年頃)のこのバンドはもう「ポップ化」していて、
プログレではない[ふらふら]  とのことです、、、
うううーーー、、、そうでしょうかね~~??、、
ボクは、マニアではないので、立派にプログレだと思いますが、、

あ、、プログレってなんぞや?? ってところは、後程ヨシゾー流 に解説しま~す。


ところで、これをご覧の「1年2組」の会員様方、今日更新の「いきものだより」
ご覧になりましたでしょうか?
聖恵ちゃんが、ウェンブリースタジアムに向かっている写真がちょうど出てたので 、
「こりゃ~、いいタイミングだ[exclamation]」  というわけで、四国編は一寸置いておいて[ー(長音記号2)]
こちらを先に仕上げることにしました[揺れるハート]
 
 
 
え~、前回の「フィルコリンズ」の回でも予告した通り、
僕にとっては80年代の音楽を語るうえで絶対に外すことのできない

「ジェネシス」
 

を、取り上げたいと思います。
 
 
この動画は1986年リリース、ジェネシス最大のヒットアルバム

002.JPG
でました! アナログ盤!!

「インビジブル・タッチ」

このアルバムのワールドツアー、地元イギリス、ロンドンの「聖地」
「ウェンブリースタジアム 」での凱旋公演の模様です。
72000人だったかな?  びっしりで、壮観です!

ウェンブリースタジアムって、2007年に新しくなってたんですね!!
びっくり!!  知らなかったです。。。 
日本では「国立競技場」のような存在、
サッカーのイギリス代表のホームグラウンドでの認知が大勢だそうですが、
80年代の洋楽ファンにとっては。

「LIVE AID」(85年?) のイギリスでの会場

ではないでしょうか!
余談ですが、そのライブエイドでも、フィルはもちろん出演して、
先に取り上げた「夜の囁き」などを、ピアノで演ってました。
その時はスティングとの共演でしたね。
 
 
イギリスの出番が終わった後、すぐにコンコルドに乗って
フィラデルフィアのアメリカ会場に渡って、ドラムを叩きまくってました[がく~(落胆した顔)]
すごかったな=!


話を戻すと、動画の 「Abacab」 は、このアルバムには、入ってません。
単に 「僕の趣味[わーい(嬉しい顔)]」 です。(カッコいい曲でしょ?)
1981年リリースのアルバムのタイトル曲です。 

ちょうど半分の4分過ぎたあたりから、いよいよフィルが
ドラムを叩き始め、プログレらしい展開になってゆきます。

フィルのソロライブ同様、もう一人のドラマー 「チェスター・トンプソン」 
とのツインドラム(ドラムデュエット)が、ジェネシスのライブでは
「最大の」と言ってもよいくらいの見どころです。

そのテクニック、、凄さまじいです[手(グー)]

ジェネシスはボクにとってはかなり思い入れ強いバンドなので、
③、、、くらいまで、企画しております。。。


ところで、、、先の  「プログレッシブロック」  とは何ぞや、、
というところに行きますが、、、ヨシゾー流なので簡単ですよ、、、、[るんるん]

    1、 曲が長い
    2、 演奏重視
    3、 それに伴う高度な演奏技術がある 

    4、 メンバーチェンジが超激しい(音楽とかんけーねーじゃん!)


ずっこける位簡単に表現すると、こんな感じかな、、、

直訳すると 「先進的ロック」 既存のロックでは表現的に適当じゃないので、
とりあえず 「そう呼んだ」 というところではないかと、、抽象的ですよね。
 
 
補足すると、、

1、は長いというか、組曲とか、ドラマティックな展開を見せていく。
 
2、は歌よりインプロビゼーション、インストゥルメンタル重視、でもフュージョンでは
    ないですね
 
3、は演奏重視なのに、テクがなくちゃダメでしょう!、
    でしょうね、、みんな、、、これでもかと、すごいプレイを見せびらかします[るんるん]
 
4、は、、、笑っちゃうんですけど、、プログレバンド間での移動が激しいんです。
    当時のアルバムの解説には結構な確率で、「家系図」のようなものが
    付録でついてました[わーい(嬉しい顔)]    ヨーロッパ的ですね。
    こういうのは 「マニア」 が大喜びします。


 
先にも書いた通り、僕は結構 「大衆派」  

あまりマニアックなところには行かず、一般的に「売れている」
ものを好む傾向があります。

「いきものがかり」も そうですよね。

このブログの熱心な読者の方なら、もうお分かりでしょう。[わーい(嬉しい顔)]

基本的には 「美メロ[るんるん]」 重視 
最近ようやく自分の音楽的傾向が解ってきました。


ジェネシスは、フィルが中心になってから、大衆化(ポップ化)が進んだので、
そこにボクは引っかかったのでしょう。

いきものがかりドキュメントにも名前が出た「ピーターガブリエル」
がもともと中心で、そのカリスマ性を前面に出した
エキセントリックなバンド展開でした。(少々、マニアックで演劇的)

フィルはもともとそこにドラマーで途中加入したんですね。

ピーターは、80年代にソロでヒットを飛ばして、
人権活動のイベントですが(これは後でやります)来日してます
東京ドームに大学生の時に観に行きました 。
最初でおそらく最後の来日でしょうね。。


長くなっちゃったですね、、、、[あせあせ(飛び散る汗)][ー(長音記号2)](ぷろぐれの曲みたいじゃん!)

 
 
では、、せっかく「インビジブル・タッチ」ツアーなので、
アルバムの中から、これもプログレらしい「組曲」展開の曲。
もっと、、、短い、解りやすいヒット曲もあるんですが、 
私のブログなので、ボクの意向で 「やりません![ー(長音記号2)][あせあせ(飛び散る汗)]

あくまで、「プログレ」でお楽しみください[黒ハート]

曲は、、ドミノ倒しの「ドミノ現象」について歌っております。
                       
                         (えいごだからよくわからんよね、、、[ドコモ提供] 
 
 
    

[あせあせ(飛び散る汗)]、、、domino (part1,part2)  です。


この曲あたりから、照明がすごいことになってきます。(明るいのがチト残念、、)

そうです!!  いきものがかり四国篇の高知ライブレポで
さわりだけ触れた、「バリライト」 に由来するアーティストが

この「ジェネシス」

世界で初めてライブで使用したアーティスト。
使用権利の一部も持っているはずです。
今はライブでは当たり前の照明装置ですけど、
このジェネシスほど、効果的に美しく使いこなすアーティストは
いないと思います。

現在でもボクは一番だと思います。
それくらい美しいです[ぴかぴか(新しい)]   そこをぜひ見てほしい!

 
 
この後の ② ③ では、 ボクの一番に思い入れ深い、
もう少し旧くて、もっと長い曲!!

フィルのドラムもふんだんに。

プログレで他に好きだった(今でも)アーティスト。

ジェネシスのライブで、バリライトの演出がもっとも凄い曲。
インビジブル・タッチツアー日本武道館公演の思い出。
などを紹介していきたいと思います!


では! いきますよ!!   ドミノ!!


 

今日も少々楽しんでもらえたでしょうか~?、、

みなさん。。 おやすみなさい[わーい(嬉しい顔)][夜]


明日もがんばりましょう!! 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0